メーカーと通常の買取業者の違いは?

買取業者によって査定額が違うからこそ・・

利用者100万人以上の安心の利用実績があります!
あなたの愛車を高値で売るための

相場もすぐわかる無料一括査定!

メーカーと通常の買取業者の違いは?

メーカー,通常,買取業者,違い

 

メーカーと通常の買取業者

 

古い車の買取業者を大きく分けると、メーカー直営の買取店と、
民間の買取業者の2つに大別できます。

 

 

 

メーカーが経営する中古車の買取店と民間の買取業者では、
一体どのような違いがあるのでしょうか。実は大きな違いがあるため、
古い車を売る際は特に注意しておかなければいけないのです。

 

 

 

場合によっては買取価格に影響しますし、
高値での売却が難しくなることもあります。

 

メーカー直営の買取店

 

まずメーカー直営の買取店ですが、自社モデルの買取に強い点がメリットです。
例えばホンダならホンダの車種、トヨタならトヨタの車種といったように、
古い車の場合も自社のモデルの買取であれば民間の業者より高くなる場合があります。

 

メーカー,通常,買取業者,違い

 

逆に言えば他社モデルの買取に力を入れておらず、
民間の買取業者より安くなる可能性があるので注意しましょう。

 

民間の買取業者

 

民間の買取業者は、メーカーや車種を問わず買い取っているのが特徴です。
そのため、どのような車種でも高値で買取してもらえる可能性があります。

 

 

 

民間業者の場合、買取と販売を行っている業者と買取専門業者の2種類がありますが、
どちらもさほど違いはありません。一方で特定車種の買取に特化した業者は少なく、
流通ルートの違いが買取価格に反映されます。

 

 

 

古い車を売却する場合、メーカー・民間業者の両方に査定をしてもらうのが良いでしょう。
高値で評判の良い業者を選ぶことが重要だからです。

 

 

 

ただし、メーカー直営の買取店は店舗が限られるため、
地域によってはお店が存在しない場合もあります。
民間の場合は全国対応可能な業者もあるため、対応エリアの違いも注意しておきましょう。

 

 

 

>>>12年落ちのシビックが35万!古い車を高く売るコツを教えます

5万と言われた車が20万になった方法!

ディーラーの下取りより高く売るなら
有名企業から地域密着業者まで200社以上が参加の

相場もすぐわかる無料一括査定!