古い車は税金が高くなる?

買取業者によって査定額が違うからこそ・・

利用者100万人以上の安心の利用実績があります!
あなたの愛車を高値で売るための

相場もすぐわかる無料一括査定!

古い車は税金が高くなる?

古い車,税金,高くなる

 

古い車の税金

 

特に大きな不具合もなく、10年以上同じ車に乗っている方もいるのではないでしょうか。
一度も修理を行っていないのであれば、まだ車の状態は良いと言えるでしょう。

 

 

 

しかし、10年以上経過した車にそのまま乗り続けること
決して好ましいとは言えない場合があるのです。

 

 

 

まだまだ乗れるとしても、場合によっては売却を検討するのが良いでしょう。
そのままでは、自動車税が高くなってしまう可能性があります。

 

自動車税

 

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に課税される税金です。
実は環境負荷が小さい車については自動車税の軽減措置が設けられており、
一定割合が減税されています。

 

 

 

その一方で、新車登録から13年が経過したガソリン車に関しては、
環境に与える負荷が大きいことから、逆に自動車税が割り増しになってしまうのです。

 

古い車,税金,高くなる

 

これは重課と呼ばれており、1割以上も多く税金を負担することになります。
仮に基準となる自動車税が4万円だった場合、
4千円ほど多く負担額が増え、支払う税金は4万4千円です。

 

 

 

負担が増加する重課ですが、ナンバー登録した年度が基準になります。
例えば2002年にナンバー登録した車の場合、2015年の自動車税から重課が適用され、
税額が増加します。

 

 

 

税制は定期的に見直されているため、今後更に負担増となる可能性もゼロではありません。
そのため、自動車税の負担を減らすなら売却も視野に入れるのが良いでしょう。
古い車を売却すれば、自動車税の重課から逃れることができます。

 

 

 

>>>古い車は下取り・買取どっちがお得?

5万と言われた車が20万になった方法!

ディーラーの下取りより高く売るなら
有名企業から地域密着業者まで200社以上が参加の

相場もすぐわかる無料一括査定!